ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

妊娠・出産

妊娠後、便秘で張りと痛みが。市販と処方のお薬を試した。

更新日:

市販便秘薬と処方便秘薬を妊婦が試した
妊娠するとやはり便秘に影響するようです。ご多分に漏れず妊婦になった妻が便秘になりました。
解消法や食事で対策をとりましたがどれも効果はイマイチ。
お腹の張りと腹痛が酷くなったので妊婦でも大丈夫なお薬を使用しました。

スポンサーリンク

ad

妊娠してより便秘気味に

妊娠前から若干は便秘気味だった我が家の奥さん。たまにお薬に頼るときもありましたが、それは本当に稀なことでした。
ところが妊婦になったら便秘の期間が徐々に長くなっていったそうです。
3日間の潜伏期間が続くようになってからは便秘気味になってしまったのを悩むようになってしまいました。
妊娠中は使用してはいけない便秘薬などもあるため「お薬」にはあまり頼りたくない。
そこで食べ物でなんとかしようと考えることに。

 

食事で便秘対策を試すも、お腹に張りと痛みが

まず普段から定期的にプルーンとヨーグルトを食べるようにしました。プルーンには食物繊維が豊富ですし、ヨーグルトは発酵食品でビフィズス菌や乳酸菌が腸内環境をよくしてくれます。まあ、いわゆる普通の便秘時にも効果があるもので有名だったからです。
更にいえばヨーグルトにはカルシウム、プルーンには多少ですが鉄分が含まれています。便秘解消としてだけではなく妊婦が摂取したほうがよい栄養分としても優秀なので一石二鳥だと思い試してみることにしました。
その他にも便秘に効く食べ物を使用した料理を食べるようにしました。主な食材としては

  • 大豆
  • ごぼう
  • れんこん
  • かぼちゃ
  • きのこ類
  • にら

これらを奥さんが食べるようになって、「よく出るようになった。」と報告を受けました。どうやら効果が出ているみたいでした。
しかし、便秘が解消して安心していたある日。深刻な顔をした奥さんから衝撃的な発言を聞くことになりました。
「便秘で5日ぐらい出ていない。それにお腹が張ってきて痛いの…。」

 

妊婦でも大丈夫な市販の便秘薬

食事での対策が効かなくなったのか?妊娠週が進んでお腹の圧迫が増加したためか?原因はわかりませんが大変な事態になってしまった事に変わりはありません。
これはついにお薬に頼らなくてはいけない時がやってきてしまったのか…。
しかしこの日は土曜日。奥さんが通っている大学病院の産婦人科はお休みです。
受診ができないということは処方されるお薬がもらえない。とはいえ、妊婦が飲んでも良い市販の便秘薬なんてあるのか?
とりあえず土曜日でお休みだとしても当直の先生が大学病院にはいるはず。その先生に市販の便秘薬で飲んでも良いのを聞いてみることにしました。

電話の結果、「酸化マグネシウム」の便秘薬なら産婦人科でも処方される便秘薬なので飲んでも大丈夫との回答でした。酸化マグネシウムの便秘薬はお腹にやさしく、あまりクセになりにくいので便秘になったときに飲めばよいものらしい。
便秘薬の具体的な商品名も聞こうと思ったのですが、薬箱にあった我が家の便秘薬が酸化マグネシウム製のものでした。電話で「3Aマグネシウムという薬局で購入した便秘薬があるのですが、これでだいじょうぶですか?」と尋ねると「それなら大丈夫です。」と安心できるお言葉を頂けました。

電話を切ってすぐに市販の便秘薬を飲んでみることにしました。
飲んで1時間後ぐらいに奥さんがトイレへ行き、戻ってくる。
「少し出た」とのこと。
その後数回に分けて無事に便秘が解消したようです。ひとまずこれで一件落着。

 

産婦人科で便秘薬を処方してもらった

その後、大学病院の産婦人科での妊婦健診時に便秘の事を話しました。
電話した履歴が残っていたので話はスムーズにいったようです。結果、産婦人科から便秘薬を処方してもらいました。
産婦人科で処方された便秘薬
やはり「酸化マグネシウム」でしたね。
妊婦健康診断は実費でしたが、この便秘薬の代金は健康保険が適用され3割負担で済みました。
この便秘薬の飲むタイミングについて薬剤師さんから説明がありました。
「便秘になりそうだなぁ。と思ったら前もって飲み始めるぐらいが丁度よい」とのことでした。
市販薬でも妊婦が飲める便秘薬はありますが、病院で処方して頂いたほうが結果的には「安く」なるので便秘気味の方は早めにお医者さんに相談したほうがよろしいかと思います。

ad

ad

-妊娠・出産
-,

Copyright© ラフのラフ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.