ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

妊娠・出産

妊娠線予防クリームを市販品の中からコスパ考慮で選ぶ!

投稿日:

妊娠線予防にキュレル
妊娠3ヶ月になり少しづつですがお腹の膨らみが出始めてきた私の奥様。なるほど、このペースでどんどん大きくなっていくと確かに「妊娠線」なるものが発生してもおかしくはない。我が家では市販されている(どこでも売っている)日常的なボディケア用のクリームを妊娠線予防として使用することを選択しました。

スポンサーリンク

ad

妊娠線?とはなんぞや

奥さんが妊娠してから色々な情報が目に飛び込んできます。"妊娠線"もその1つでした。
はぁ~?妊娠線?また葉酸と同じく何か購入しろってか?
…奥さんが妊娠してから買うものが多くなって若干疑心暗鬼です。

ところが妊娠線についてちゃんと調べてみると恐ろしい事実が発覚。
そもそも妊娠線とは、妊娠しておなかが大きくなると皮膚がのびて乾燥しやすくなる。そのうえ表皮が急激に伸ばされることで”裂けて”しまう。その裂傷が妊娠線と呼ばれるもの。ひどくなるとスイカの線のようになってしまうのだとか。そして一番の問題が出来てしまった妊娠線は一生消えないのだとか…。なにそれ、怖い!

妊娠線は妊娠末期や出産直前の急激に体重が増える時期に出来やすい。なので妊婦自身の体重管理が重要になってくるようです。急激な体重増加は妊娠線発生の大元ってことですね。
それ以外に予防するには肌を保湿するのが大事。その保湿の為に「妊娠線予防クリーム」なるものがあるのだそう。
「あ~、やっぱりなんか購入するんですね」色々と妊婦用グッズを買っているのでもう驚きません。むしろ出来てしまった妊娠線が消えないなら、買って予防するしかないじゃん!

というのも、普段は肌荒れなど起きたことがない私の奥さん。ですが、妊娠をきっかけに一変しました。
特に顔が吹き出物やニキビなどの肌トラブルが続出しました。妊娠前とはあきらかに違うので心配になり、本人も初めてに近いニキビの数で不安がっていました。
このような変化が当たり前のように出てきたのです。これは妊娠線が出て来る可能性は十分ありえます。

 

妊娠線予防クリームはいつから塗るのか

上記に書いた通り、妊娠線が出来やすいのは妊娠末期から出産直前ではある。しかしいきなりその時期に妊娠線ケアをしても後の祭りであるようだ。その前から皮膚が伸びやすいように保湿して伸びの良い皮膚にしておく必要があるみたいです。
一般的には安定期に入る5か月ごろからケアを始めると良いらしいです。

 

お腹がかゆいのは妊娠線の予兆?

妊娠線が出来てしまった場合、跡が残ってしまう。なので妊娠線予防クリームを塗りましょう。ということはわかりました。しかし妊娠線予防クリームを塗り始めるのが妊娠5ヶ月(妊娠16週〜)ぐらいからで良いということですっかり後回しにしていました。
そんなこんなで週数が過ぎていきました。
そして奥さんのお腹が大きくなってきたのが認識できるようになった妊娠4ヶ月(妊娠13週目頃)。
夜中寝ていると「ボリッ!ボリッ!」という音が聞こえてきました。最初は猫が布団の上で伸びでもして爪が当たったのかな?と思いました。
しかしその異音が数日続きました。
そしてたまたま目が覚めた時に決定的瞬間を目にしたのです。例の音はウチの奥さんがお腹を掻く音でした。たまたまお腹が痒かったのなら見過ごすところですが、連日にわたって掻く音を聞いてしまっています。これは何かお腹の皮膚に変化が起きているか?すでに皮膚の伸びが始まっていてその症状が痒みとなって現れているのか?真偽の程はわかりませんが、予防を始めたほうが良いのは間違いなさそうだ。

 

妊娠線予防クリームの種類

いざ妊娠線予防クリームを買おう!といっても世の中には様々なタイプの妊娠線予防クリームがあるようです。
カテゴリーで分けると「妊娠線予防に特化して開発されたクリーム」「妊娠線予防"オイル"」「一般的な肌ケアクリーム」の3タイプ。
肌に塗った時のつけ心地では「サラッとタイプ」と「ねっとりタイプ」があります。
これらの中から自分に合ったものを選ぶわけですが…、こんな多種多様の中から1つなんて選べなくない!?いやいや無理でしょ!多すぎでしょ!1つ買って使い終わって、次買ってと全部試してたら妊娠期間過ぎちゃうからね。出産終えちゃうからね!
じゃあどう選べばよいのか?
オイルタイプは未知の領域すぎて除外しました。というより買って失敗が許されない中で候補から外れたといったほうが良いでしょう。
一方、妊娠線予防に特化したクリームは"高い"…。妊娠中の期間だけと考えてもトータルでかなりの金額になってしまいます。とはいえ妊娠線は1度出来たら消えないと言われている。ここでケチって妊娠線が出来た場合に奥さんから一生「あの時良いクリームを買ってくれなかったから…」と言われ続けるのはツライものがあります。
はたまた、日常的な肌ケアクリームを使用して妊娠線予防をする方も多くいるそうです。実際にうちの奥さんの妹さんはニベアのボディクリームを使用していたらしいです。

 

どの妊娠線予防クリームを選ぶのか

妊娠線予防クリームについて調べていると興味深い記事が「妊娠線予防クリームを塗っていても妊娠線ができる人は出来てしまう。」
なんじゃそりゃ。じゃあ、そもそも塗る意味ないんじゃ…ゲフンゲフン!いやいや奥様の美しいお腹に妊娠線ができないためにも妊娠線予防クリーム買うで〜。
しかしこの記事のせいで(おかげで)わざわざ高いものは必要ないんじゃ感が出てきました。
奥さんに先ほどの記事を見せつつ、私の独断で以下の3つの中から使用する妊娠線予防クリームを選んでもらうことにしました。

ナチュラルマーククリーム


先ほどの記事を信じると妊娠線が出来るかどうかはその人次第ということになってしまう。なのでこのクリームを塗ったからといって"妊娠線が出来ない"とは保証できない。しかし妊娠線が出来てしまっては取り返しがつかないので、出来る限りの対策をしたいというのなら妊娠線に特化したクリームを購入しても良いと思う。高いけど。高い製品群の中ではコスパが良いのは今商品かなと思われる。

ニベア スキンミルク しっとり


妊娠線予防が一般的なボディクリームでも大丈夫なのは妹さんでも実証済み。しかもこのニベアのは以前に私の奥さんも使用していたので"使用感"は問題ない。安さ重視で行くのならこれでは?ただ安すぎるというのも"妊娠線対策"として不安が残るかもしれない。

キュレル クリームFジャー


一般的な肌ケアクリームの中では高品質だと思われる部類。他の市販品に比べて値段がそれを証明している。まぁ値段は別として、効能もネットのレビューを見る限り高評価。以上を踏まえるとコスパ的には申し分ない。価格=効果と考えるのであれば(ニベアが"価格"的に不安があるのなら)、これにしてもいいんじゃないのかな。

結果、私のプレゼンの甲斐もあってかキュレルに決定しました。
キュレルで妊娠線予防

 

冬の乾燥肌用に皮ふ科で保湿クリームをもらう

キュレルを妊娠線が出来そうなお腹回りに塗り始めて数日後。夜中に突如、背中が痒い!という奥さん。前から冬は乾燥肌ではあったらしいのですが、ここまで痒くなるのは初めてとのこと。これも妊娠したことによる体の変化なのでしょうか…。
その日の夜は我慢していましたが、翌日の日中も痒くなるため皮ふ科に行ったそうです。診断結果はやはり『乾燥肌』ということで保湿剤を頂いてきたようです。
妊娠時のかゆみに皮膚科で保湿剤をもらう
キュレルも保湿成分は申し分ないですが、流石に妊娠線ができそうもない背中にはもったいないです。ましてや背中全面となるとその消費量はハンパないでしょう。ここは使い分けしてもらう他ないです。かくしてお腹はキュレル、背中は皮ふ科処方の保湿剤というハイブリッドになってしまいました。

ad

ad

-妊娠・出産
-,

Copyright© ラフのラフ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.