ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

生活

プロパンガス料金が高すぎるのでニチガスに変えた

更新日:

前々から価格が高いなぁと思っていたプロパンガス。そんなある日、訪問営業でニチガスさんが来てプロパンガスの㎥あたりの価格表を見せてもらいました。うそでしょっ!こんな安いんかい!今までは何だったんだ!ということでニチガスに変更するまでの経緯を記していきます。

追記:2017年4月25日
ニチガスから値上げのお知らせが・・・
ニチガスから"原料輸入コストの増加"を理由にプロパンガス料金値上げの通知が来た!

スポンサーリンク

ad

プロパンガス料金の高さは異常?

度々話していますが私は結婚して田舎の方へ引っ越してきました。奥さんのお義父さんが中古住宅を買ってくださりそこに住んでいいよと言ってくれたためです。無料でというのもなんか悪い気がしたので少ないですが3万円を家賃として収めてます。もちろんですが水道料金や光熱費も自分たち持ちです。夏に引っ越してきて冬となり光熱費の請求書を見てびっくり!こんなにするのか!と。電気代はこたつやエアコンなどかなり使っていたので高額なのもわからなくもない。ただプロパンガスの料金がこんなにするもんだとは思いもよらなかったのです。実家では都市ガスを使用しており、母から「ガス代が高い」などの言葉を一度も聞いたことがないもので。
その当時すぐに「プロパンガス 料金」などで検索して色々調べました。プロパンガスの相場料金や料金の仕組み、ガス会社が変えられることなどがわかったのですが、それと同時に解約時のトラブルなども見つけてしまいました。ガス料金は自分で払っているものの、ガス会社との契約はお義父さん名義でしている…。中古住宅の契約事情や、ガス設備の問題など色々と問題がありそう…。何よりそれらをお義父さんにいちいちお伺いを立てなくてはいけないのかと思うと面倒くささが先立ってしまいました。「まぁ、これぐらい、払うかぁ…」という気持ちになってしまい、ずるずると3年ほど払い続けてきました。

下の画像は我が家でのたくさん使う冬時と、あまり使わない夏時のプロパンガス料金の明細書です…。
価格の高いプロパンガス料金

 

 

新たなプロパンガス業者登場

そんな日々を過ごしていた2015年8月中旬。仕事から帰ってくると奥さんから「ガス屋さんの営業が来たよ~。」との報告が。最初にそれを聞いた時の私の頭の中は「詐欺か?」でした。町内の回覧板に「ガス料金が安くなると言って契約し、契約した後にいきなり料金を上げてくるガス屋があるので注意してください!」というお知らせを覚えていたからです。奥さんは「自分じゃ判断できないから主人と話してください。」と伝えたらしく、今度の土曜か日曜にまた来るとのことでした。
あぁ〜飛び込み営業の対応なんてめんどくさいなぁ〜と思いながらその営業さんが持ってきた資料を眺めているとプロパンガスの価格表がありました。
日本瓦斯_料金表
「や、安い!」
まじで安かったです。いや、もしかしたら世間一般では普通なのかもしれないけど今使っているガス会社と比較して大分安かったのです。「こんなに安くなるならすぐにでも変えたい!」という気持ちと「いやいやいや〜。ちょっと胡散臭いわ〜。こんなに安いわけないわ〜。」という気持ちが同時に生まれました。
そして肝心のガス会社がどこなのか置いていってくれたパンフレットを見てみると…
ニチガス_パンフレットと名刺
日本瓦斯(にっぽんがす)」という会社でした。
名刺も確認。ん、確かに「ニチガス」さんではあるが協力会社さんですな。

パンフの中身をちらちら見てみるとそれこそ大手のファミレスなどにガスを供給してます。すかさずネットでも検索。・・・・・・かなり大手のガス屋さんじゃないですか。そういえばこのニチガスさんのロゴもなんか見覚えあるぞ。

しかし、色々口コミなどを見ていくと良いという評判もあれば、悪い評判もそこそこに目立つ…。どちらが正しいのでしょう…?
しかし、それより何より自分が一番気になったのは営業さんが置いていったもうひとつの資料。日経新聞をコピーした記事でした。

ニチガスと東電のセット割り記事

来年の春から電力小売りの際に東電と提携してセット割をするというものでした。これはもしかするともしかするんじゃ…。将来を見越すならこのタイミングで色々と行動を起こした方が良いかもと思い、ひとまずはニチガスの営業の方がもう一度来た時に色々と質問をぶつけてみようと思いました。

 

ニチガスの営業さんに質問

8/14
土日のどちらかに来ると言っていましたが、お盆休み中の金曜に来ました。ご苦労さまです。
ちゃんと答えが返ってくるかな?と心配でしたが個人的に気になっていたことをメインに、質問を色々させてもらいました。

【メインとなる質問】

・値段は価格表通りで、今後もこのままなのか?契約した後に急に値上げとかするんじゃないでしょうね?
・中古物件を購入してガス会社との契約などよくわからないがトラブル等なく変えられるの?

【回答】

プロパンガスの値段は今後も企業努力で変えずにやっていきたい。ただ、どうしても原価や輸入時のコストの上昇などで上げざるをえない時がある。その際には必ずお知らせする。ましてや、契約してすぐにとんでもなく値上げするなどはしない。もしそんなことをすれば大手なのですぐに知れ渡ってしまうし、供給している企業さんからも攻撃を受けてしまうのでそういったことはしない。いまはガス業界も競争が激しいので、お客さんの取り合いになっている。ネットの悪い書き込みも他の業者さんが書き込んでいる可能性がある。
交換する時の手続きなどは委任してくれれば全部ニチガス側がやります。過去にも給湯器がガス会社のもので交換するなら給湯器代10数万円払えなどの事が起きたが、その時はニチガス側が同じ給湯器を買いそれを渡して解決したこともある。ケースバイケースだが7万円ぐらいの給湯器なら全然対応できる。30万円ぐらいになってしまうと上の判断を仰がなければならない。もし今使っているガス会社との契約書があればコピーをとっておいてもらえばそこら辺の対応も全部こちらでやります。

ということでした。ひとまず回答としては納得というか、そう言われてしまうともはや信じるか信じないかという状態になってしまいました。いま使っているガス会社は最初から選択肢がない中で使用してきて一度も担当者と合ったこともない。かたや飛び込み営業だけど色々とコチラの(意地の悪い)質問にも答えてもらった。ということで大分ニチガスさんに傾いてました。
しかし、契約する前に現在使っているガス会社との契約はどうなっているのか?それよりお義父さんにガス会社を変えていいのかを聞いていなかったのでひとまず契約書だけ頂いておいて、後日返事をすることにして帰っていただきました。まぁ、なにより本当に信用していいのか、また調査をしてみたいということもあったので。

これが契約書です。正確にはガス供給申込書兼切替業務委任状。
ニチガス_ガス供給申込書兼切替業務委任状

 

 

現プロパンガス会社との契約内容は?

さっそくお義父さん。もとい実権を握っているお義母さんへ電話。プロパンガス会社を変えたいと報告。
するとすんなりOK。今までビビって損した。
「契約書などは後で探してみるね。」と言われ、電話を切って待つ。
数時間後、お義母さんから電話が掛かってくる。家を買った時の契約書が有り、その中にそれらしき記述があるとのこと。ただ、そのガス会社さんと直接契約したことはないという。家を買った時に以前その家に住んでた人が使っていたガス会社なのかどうなのかわからないが、中古物件を販売している不動産屋さんから買った時点でそのガス会社さんだったらしい。ともかくその契約書のコピーをとらせてもらうべく、後日おじゃますることに。

8/16
奥さんを引き連れ、奥さんの実家まで行ってくる。お義母さんから「自由に見ていいよ。」と了承をいただき、家を買った時の関連する契約書を見させてもらう。全部見てみたが、お義母さんが言っていたとおりに「家」の契約書の中にガスに関連する文言のページとそれに付随する契約書(お義父さん側のはんこなし)の2枚だけしか発見できなかった。ひとまずこの2枚をコピーさせてもらい、家に帰りました。
そしてそれがコチラの画像です。
ガス屋との契約書らしきもの1
ガス屋との契約書らしきもの2
う〜〜〜ん。普通に考えると15年契約を結んでいて途中でガス会社変えると違約金払えよ。となりますね。
ただ、もう一つの契約書の方にはガス会社のはんこは押してあるがお義父さんの署名やはんこはないんですよね〜。ガス会社と直接契約した記憶が無いというのはこのことでしょうね。どうなってるの?これ?どうしたらいいの…?
ひとまずこの件はニチガスさん側でどう対応できるのかを聞けばいいや!ということで、置いておくことに。

 

ニチガスさんの評判は?

そして次にニチガスさんの評判・実態はどうなのか?実際の口コミを聞くことに。
ニチガスの営業さんから頂いた名刺にニチガスの支店が記載されていました。その支店の住所がなんと私の弟が経営する美容室と同じ町です。もしかすると、もしかするかもしれないと思い、弟に連絡。美容室で使用しているガスを聞くと「ニチガスのプロパンガス」との事。ビンゴです。

現況を説明し、弟に質問をしてみました。
私「契約してから値段とか値上がってる?そしてその場合極端に値上がったりする?」
弟「う〜ん細かくは調べないとわからないけど、そんなにすごいびっくりするほど値上がってはいないはず。使い始めてから7年ぐらい経っているけど、すごい上がっていれば気付くし、契約時に値上げがある場合は必ず連絡をよこすようにといってハンコ押したし。」
とのこと。
なるほど、ひとまず弟が使用している分には極端な値上げなどはないわけですね。何より弟が使用していることで、私がニチガスと契約し、値上げされたとしても比較対象があるわけです。
ウチに来た営業さんの会社(日本瓦斯の協力会社)のウェブサイトも一応拝見。最新のデザインでお金を掛けてます!というサイトではなかったが社員ブログのようなもので社員旅行の様子などが載っていました。アットホーム感は伝わって来ます。何より今年、北海道旅行に行っているというのが親近感が湧きましたw
というわけで、ひとまずもう一回ニチガスの方にお会いして今のガス会社との契約書の件を聞きつつ、問題なければニチガスさんと契約しちゃいましょう!という感じになりました。ブログのネタにもなるし。

 

ニチガスの営業さん、再び

善は急げということで、ニチガスの営業さんに電話すると「ちょうど近くを周っていたので15分ほどで向かいますよ。」と。
しばらく待っていると営業さんが到着。玄関に向かい入れる。そして早速本題に。
まず、お義父さんからはニチガスさんに変更しても良いという了解は得たことを伝える。次に問題の今のガス会社との契約書に関して。コピーしてきた画像を見せながら置かれている状況を伝え、この場合どうなるんですか?と質問。
すると、
営業「契約書を見る限り確かに15年縛りがあるようです。しかし途中でガス会社を変更し、違約金が請求された場合はニチガス側で対処します。払わなくても良いならその方向に持っていきますし、実際に支払わなくてはいけない場合はニチガスが支払います。ただし、その場合は代わりにニチガス側と同じ契約を結んで頂くことになりますが。」
私「同じ契約を結ぶ場合、また15年縛りなんですか?」
営業「いえ、基本は以前のガス会社さんからの引き継ぎといことで残り年数となります。ただ、請求料金によって1年ぐらい余分についてしまう場合も…。お客さまの場合は住んで3年なので12年分。もしかしたらそれに1年分プラスということですね。」
私「なるほど。私の方で違約金を支払わなくて良い上で、引き継ぎの対処をしてもらえるなら問題無いですね。ただ、その分毎月の使用料金に跳ね返ってくるのでは?」
営業「それは大丈夫です。価格表通りですよ。」
私「(ふ〜〜ん)なるほどですね。わかりました。」
営業「ただ、もう一枚の方の契約書にはお義父さんのお名前やハンコがないのでもしかしたらもっとスムーズに交換できるかもしれませんが正直どのようになるかはやってみないとわかりません。でも当社にもそういった担当の者や弁護士さんがいるので安心して任せて下さい。」
私「そ、そうなんですか。それなら安心ですね。ま、任せます。(あ、クギを打っておこう)そういえばウチの弟がニチガスさんのプロパン使っているみたいなんですよ。値段が変わってないって聞けて安心してたんです。値段が変わる時ってお知らせが届いたりするんですか?」
営業「いえ、特別お知らせが届いたりはしません。月の領収証の下の方に告知が入ることになっています。」
私「(ん?それじゃ知らない間にやられ放題ではないか!)そうなんですか?てっきり今回のように価格表が届くのかと思ってました〜。」
営業「そうですね…。もし値上がった際の価格表がご入用でしたらご連絡ください。持ってまいります。」
私「それは〇〇さん(今回の営業さん)に言えばいいんですか?それともニチガスの支店に直接ですか?」
営業「支店でも良いですが私におっしゃて頂ければすぐに持って来ます。それから、値上がった時も私に文句を言って頂ければw」
私「なるほどwwわかりました〜。その時はよろしくお願いします。」
ということで、決意も固まり契約書に記入していきました。
書き終えたところで「東電の支払い明細書はありますか?」と聞かれました。
どうやらそれをニチガスさんに預けると今後予定されている東電とニチガスのセット割の際にどれぐらい値引きされるかがわかるとのこと。今すぐというわけではないが東電から数カ月後にお知らせが来るのだとか。それは面白い!ということで明細書を預けることに。その際、もう1枚「預かり書」みたいな書類に署名とハンコを押して明細書を預けました。
また、前のガス会社との契約書のコピーも預けることに。上司に見せてどのように対応していくかを検討するのだとか。

ひとまず必要な書類を全て揃えたところで、営業さんの方から今後のアドバイスをいただきました。
今回のガス会社交換により以前のガス会社から結構「やめないでくれ」的な引き止めの連絡がくるとのこと。
…まじ?ちょーウザいんですけど。
ニチガスの営業さん曰く、特に我家の場合は今までのガス会社さんが委託している所のプロパンガスを使用しており、間に委託会社を挟んでいるせいもありプロパンガスの値段が高くなってるのでは。とのこと。そしてその間に入っている委託会社は相当しつこいらしい…。
やめてよ。ホント。そういうの。
ただ、そういった引き止め連絡がきても、「身内がらみの紹介でニチガスに変えた。」とか「勤め先の仕事がらみで変える事になった」と言えばなんとか乗り切れるとか…。
契約者がお義父さんなのでお義父さん宛に連絡が来た時も「ガス会社の選択は私に一任されている。支払いも実際は私が支払っている」と言えば良いとも。
そして、契約解除などによる違約金の請求書などが届いた場合はニチガスの営業さんに連絡をすれば、その請求書を取りに来てくれるとのことでした。また引き止めがしつこければ連絡をくれれば力になるとも。
まぁここまで言って頂ければひとまずは安心して対応できるかな?

ひとまずこれで家の中での契約作業は終わり今度は外の設備関係へ。
以前のガス会社との契約通りなら給湯設備は前のガス会社のものなので、ニチガスの営業さんが型番を調べていました。どうやらフツーーーの給湯器らしく、値段は高くないらしいです。ボンベの大きさなども調べ、全てが完了。
交換完了時期はスムーズに行って9月1日前後とのこと。東電とのセット割を始めるといった事やお盆休みだったということもあり、ガス会社をニチガスさんにするご家庭が多かったとのこと。
最後に営業さんから新聞の記事を見せて頂きました。ニチガスさんが「勝手に料金を値上げされた」として裁判で訴えられたというものです。裁判があったことは事実だが訴えた側のウラには別の企業が絡んでおり、その裁判でニチガスさんは勝利したというものです。ガスの交換を引き止めてくる会社の中にはニチガスの事を「訴えられた企業」というとこだけを強調してくるところもあるので事前に知っておいて欲しかったということで見させてもらいました。
そして、今後近いうちに私が住んでいる地域のエリア担当の方(協力会社ではないニチガス支店の人?)があいさつに来るとのこと。今回の営業さんも預かった以前のガス会社との契約書を返しがてら、また挨拶に来ますと言って帰られました。

 

ガス交換日確定のお知らせ

8/19
先の契約から3日後、おなじみのニチガスの営業さんが訪ねてきました。
上司に我が家と前のガス会社との契約書のことを含め報告したところ、「それはおかしい」ということでニチガスさんの方で色々動いてくれる方針が決まったみたいです。
そしてプロパンガスの交換日が決定したとのこと。それで渡されたのがコチラ。
ニチガス_切替工事日のご連絡
前のガス会社にヤメますよ〜と解約通知するのが8/21で切替工事が8/28。通知日から1周間は工事が出来ない決まりらしい…。つまりはその1周間の間に「やめないでくれ」という引き止め工作があるとのこと。そしてニチガスの営業さんいわく、その「前のガス会社」は結構しつこいらしいです…。
少なくとも、本当にやめるのかどうかの確認は手続き上、必ず1回は前のガス会社から連絡があるらしいのです。その時にどういった行動をしてくるのか…。
その引き止め作戦としては、「ニチガスさんと同じ料金にする。もしくはそれより10円ぐらい安くするからやめないでくれ」とか、ひどいのだと「じゃあ、給湯器はウチのだから持っていきますね」とかあるらしい。
ニチガスの営業さんは「もし本当に持って行かれたら速攻でうちの給湯器を取り付けにくるんで心配しないで下さい」とは言ってくれましたが…。
う〜ん、どうしょうもないなぁ。まぁ前のガス会社も一応株式会社でそこそこ地元でも知られている会社なのでこれらのこと以上の乱暴なというか恐喝に近い事はしないだろうとは思いますが…。平日対応するのが奥さんだけなので心配です。
なにより、ガス会社を変更するのを止めさせる「撤回書」というものには絶対サインしないでくださいとのこと。これにサインしてしまうとすべての作業が水の泡になるようです。
後は預けていた契約書やら、東電のの支払い明細書を返して頂いて今回は終了。
2日後から前のガス会社との駆け引きが始まるので、奥さんにひとまずの説明をして対応策を立てて臨みました。

 

ニチガスさんのエリア担当者登場

8/20
ニチガスのエリア担当者という方が我が家に訪ねてきました。
私は仕事だったため私の奥さんが対応しました。プロパンガスのボンベと給湯器の確認がメインだったらしいです。
名刺を頂き、軽くお話をしたところ、「多分スムーズに行くと思いますよ。〇〇さん(前のガス会社)は紳士的ですし。」と言っていたらしいです。
…うん?昨日来た営業の方とちょっと話が違うなぁ。
前のガス会社の担当者で対応が違うんですかね?平和的にスムーズに済むならそれに越したことはないのですが…。

 

前のガス会社がやってきた

8/25
なかなか来ないなぁと思っていたら、解約通知日から4日後、平日の14:00頃に訪ねてきたらしいです。当然私は仕事だったため、うちの奥さんが対応。次のようなことを言っていたらしいです。
・本当に変えるんですか?
・ガス代が安くなるのなんてウソ。すぐに高くなる。
・ニチガスは訴訟されている。
・ニチガスは良くない会社。プロパンガス協会や消費者センターに聞いてみてください。
・営業に来た人は本当のニチガスの人じゃないですよ!?
・もしニチガスに変えるなら契約者のお義父さんに20万円支払って頂きます。
などとニチガスさんが言っていた通りのテンプレ発言を連発していたらしいですww
ウチの奥さんは「私じゃわからないんで。」と言っていたら、名刺と資料を渡してきて「見ておいてください。」と言って帰っていったそうです。ウチの奥さんいわく「ちょっと必死で怖かった。」らしいです。
ネットで調べると、どこのガス会社も変更される時は同じようなことを言うみたいですね。他の企業の悪口を平気で言ってくるような会社をどうやって信頼しろというのでしょうかねぇ。まぁ、もしかしたらニチガスさんも反対の立場になった時は同じことを言ってくるかもしれませんがw
渡された資料を見ると〇〇県LPガス協会の「悪質なブローカーからの委任状に気をつけろ」といった冊子や、県が発行している「悪質なガス会社に気をつけて」といった7~8年前のチラシでした。
〇〇県LPガス協会というのも調べてみましたが、超大手ではない各ガス会社さん(つまりは地方の中小、町のガス屋さん)で組織された集団。要は超大手(ニチガスなど)に対抗しようと出来た集まりなのかな?そこのチラシを渡されましても…。

 

続・前のガス会社がやってきた

8/27
前のガス会社が再び訪ねてきたようです。
今回は「20万円の支払いについてと中古住宅を販売していた不動産会社と契約していて給湯器は貸している。これらのことについて旦那さんと話したいので電話をくれ。」ということを言って帰っていったそうです。
またもやテンプレ。恥ずかしくないのかね?
その際に謎の同意書をもっていたらしいです。その同意書には私のお義父さんの氏名と手書きのサイン(手書きの苗字に◯と囲まれているもの)がしてあったらしい。
?ん、おかしい。そういったガス会社と直接契約したものはないとお義母さんが言っていたはず。そしてうちの奥さんが見た限り、その同意書のお義父さんの氏名とサインの字はお義父さんの筆跡ではないとのこと。書かれていた字は丸文字で、お義父さんのはもっと雑で「ぶん投げた」ような字だと言ってました。ますます怪しいぞ。この会社…。

前のガス会社に連絡する前に一応ニチガスさんに報告&対応を聞くべく電話。
すると基本的には前に言っていた通りの対応で良いとのこと。というより電話しなくていいと言われました。
というのも、私(お義父さん)と前のガス会社との間でもし本当に有効な契約であれば前のガス会社はニチガスさんの方に請求のことを言ってくるそうです。つまり契約的にあやふやなものだからお客さん(私)の所に行って、ちゃっかり違約金を払わせたり、払いたくなければ〜等と言ってニチガスとの契約をキャンセルさせようとしているのではないかと。下手に電話して20万円を払うことを了承してしまうより交換日まであと2日なので逃げ切った方がよいと言われました。ニチガスさんの上司とは話しがついているので、もし請求書が来たらちゃんとニチガスが支払うとの心強い言葉も頂きました。

ニチガスさんの話を聞き、最初は通話内容を録音しながら、どう撃退してやろうかな?と思ってましたが、電話するのをやめました。そして何より、話があるなら向こうから電話してこいよ!と。
こっちから掛かってくるのを待っているのなら、私の都合で電話を掛けても良いということですよね?「あ〜、ここ最近とてつもなく忙しくて超残業なんですぅ〜。」「全然電話する時間なんてないですぅ〜。」「日中も会社内で私用の電話は禁止されているんですぅ〜。」ってことでOK?
私がいないのならいないで、いつなら会えますか?電話に出られますか?ってなりません?
そもそも何で電話代こっち持ちで電話しなきゃならんの?(セコいw)

 

交換前日

8/28
19:00頃、家に電話が。前のガス会社か!?と思って出ると、ニチガスさんでした。
明日の切替工事の時刻を決める電話で、朝一かお昼ごろのどちらかで工事をしたいとのこと。朝一は何時頃かと聞くと、8:30というので、朝一にしてもらうことにしました。お昼にして、午前中に前のガス会社から連絡があったりしたらメンドくさいのでさっさとやってもらうことにしました。

 

プロパンガス交換工事日

8/29
約束通り、8:30にニチガスの切替工事の作業員の方たちがやってきました。
挨拶をして頂き、「よく読んでからコチラの書類に名前を記入しておいてください。」と言われ、書類を渡されました。
ニチガス_お客さまへのお知らせ
その後切替工事についての説明。まずガスの元栓を閉める。コチラ側ですることはそれだけ。あとはニチガスさんに任せておけばOKとの事。約1時間で完了するらしいです。
というわけで、ガスの元栓を閉め、書類に目を通し名前を記入。することがないのでTVでも見ながら待つことに。

~1時間後
ボンベと検針器の取替が終了し、家の台所へ作業員の方を案内。ガスコンロでちゃんと火が出るか、給湯器からお湯が出るかなどをチェックし、問題ないようなので切替工事完了。
点検表にはんこを押し、自分用の点検表ももらう。
ニチガス_点検表
そして正規?のガス料金表とLPガスについての冊子を頂く。
ニチガス_ガス料金表
ニチガス_冊子
それからもし何かトラブルがあればどこどこに連絡してください。などの諸注意を聞き、最初に渡された書類を返し、終了。
あれ?前のガス会社のボンベとかどうするの?と疑問に思ったので作業員の方に聞くと、
「私達が責任を持って前のガス会社さんに届けます。相手方が土日休みなので月曜日に届けることになります。」ということでした。
ひとまずこれで切替工事が完了。ホッと一息。

今回のプロパンガスのビフォーアフター画像も載せておきます。
交換前
ニチガスに交換する前

交換後
ニチガスに交換後

 

その日の15:00時頃、ニチガスの営業さんが訪ねてきてくれました。
無事切替が終わったことを確認するため&変えてくれてありがとうございます訪問でした。
しばし談笑し、前のガス会社から特に何も連絡が来ないことを報告する。すると「向こうから何もアクションが無い限りコチラも特にすることはないんですよ」とのこと。まぁ確かに。
しかし、「もし今後の中で違約金やら給湯器代やらを払え的な請求書が来たら連絡ください。すぐに取りに来ますから。」と最後の最後までちゃんと言ってくれました。
それから参考に前のガス会社が置いていった資料が欲しいということで、差し上げました。参考資料に使って頂いて、是非とも未だに高いガス代を支払っている人を救ってあげてくださいw

 

プロパンガスを交換してみてのまとめ

無事ガスの切替は完了しましたが、まだまだ気は許せません。前のガス会社から請求書は届くのか?ニチガスさんのガス料金は本当にすぐに高くならないのか?
しばらくは様子見で、何か進展がありましたらまたブログ上で記事にしたいと思います。

ad

ad

-生活
-

Copyright© ラフのラフ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.