ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

趣味 雑記

ソニーのミラーレス一眼(α7S)とレンズをソニーショップで購入

更新日:

購入を決意してから早2ヶ月。ようやくソニーのミラーレス一眼α7Sを購入いたしました。商品開封や製品レビューは他の方々の記事がたくさんあるのでそちらをご覧ください。(私は初心者なのでカメラ自体を語ることは特に…)今回はなぜ購入をソニーショップにしたのかという経緯を記事にします。私と同じ初心者の方がソニーのミラーレス一眼を購入する際の参考の1つにして頂ければと思います。

 

ミラーレス一眼を買うのはドコが良いのか

「α7SⅡ」が発表されて性能や価格もわかった段階で、「α7S」を購入する決意が固まりました。
「α7SⅡ」の発売前、発売直後を見ても「α7S」の価格の値動きがそんなにないことを確認。購入時期はそんなにこだわらなくてもよいと判断しました。
後は「どこ」で買うかということになりました。
正直安ければ安いだけいいというのが本音です。価格.com最安値のお店のなんと魅力的なことか。これが10万円前後の家電などなら速攻で購入しています。
ちなみに購入しようとした時期の最安値で試算してみると…
・α7S(ミラーレス一眼本体)
180000円×8%(消費税)=194400円
・SEL2470Z(レンズ)
95000円×8%(消費税)=102600円
計:297000円

しかし今回はカメラ本体だけで約20万円の代物。ましてや精密機器。務めている会社のカメラに詳しい後輩クンですら多少高くても、対応やサポートを迅速にしっかりしてもらえる実店舗のお店で買っていると言っていました。
それなのに一眼カメラ初心者の私がどこの会社かもわからずネット通販で買っても良いのか?と考えてしまいました。過去に最安値のお店でブルーレイレコーダーや空気清浄機、MacBookAirなどを購入していましたが買った後のことなど考えたこともなかったです。どれも消耗品だと考えていました。それに対してカメラは長く付き合うものなんだと認識。
というわけで多少高くても地元に実店舗があるお店で購入しようと考え、値段を調べる。
【某カメラショップ】
・α7S(ミラーレス一眼本体)
196000円×8%(消費税)=211680円
・SEL2470Z(レンズ)
105000円×8%(消費税)=113400円
計:325080円

という結果。ただしこれらはこのお店にいらないカメラを下取りに出した場合のお値段なので、何らしかのカメラを用意する必要がある。そしてやはり最安値と比べてしまうと高く感じてしまう。

 

ソニーストアでのミラーレス一眼購入の場合

購入値段が大体定まったことによりひとまずミラーレス一眼本体とレンズの事は頭から離れていました。カメラ以外にも防湿庫やその他のカメラアクセサリー、お掃除道具など一緒に買うべきものを調べることが多かったからです。何より急いで買う必要性がなかったというのも大きかったのですが。
そんな中、会社の後輩君が「メーカー自体にもキャンペーンとかやってる場合がありますよ。」とアドバイスをくれる。ソニーから直接買う場合、値段は定価だったので正直カメラやレンズのスペックを見るだけでした。試しににソニーストアを見てみると確かにキャンペーンはやっていたが、買おうとしていたα7Sのキャンペーンなどはやっておらず。その後暇つぶしにくまなくサイト内を見てみると1つ気になる点が。
My Sony IDを新規登録すると10%OFFのクーポン券がもらえる!?
まじか!?
100円の10%OFFだと大したことないように感じるが、私が買おうとしているモノの10%OFFは結構な額じゃないの??
更にお得な情報があるのでは?と思い隅々まで目を通す。
すると通常入会に5000円掛かる「αフォトライフサポート」なるサービスにミラーレス一眼本体購入時にのみ3000円で入会することできるとのこと。この「αフォトライフサポート」に入会しているとソニーのレンズが3年間、最初から5%OFFで買えるというのだ。ミラーレス一眼のフルサイズのお高いレンズなら1本で元を取れてしまう。
というわけで、早速試算。
・α7S(ミラーレス一眼本体)
230000円-10%(23000円:クーポン)=207000円
207000円×8%(消費税)=223560円
・αフォトライフサポート入会金
3000円(本体購入と同時入会)
・SEL2470Z(レンズ)
110000円-5%(αフォトライフサポート会員割引)-10%(クーポン)×8%(消費税)=101574円
計:328134

う〜ん、わずかに某カメラショップよりもお高い。とはいえソニーストアで購入すると保証が「3年ワイド」という3年間破損・水ぬれ・火災の保証まで対応してくれるものになる。某カメラショップの場合は追加で5年保証にも入れるがその分追加で料金を支払うことに。これは悩む。
ひとまずこの段階で新規にMy Sony IDを取得しておきました。ソニーストアで買わなかったとしても今後キャンペーンとかで色んなクーポンを貰える可能性がありましたし。

 

■地元のソニーショップでミラーレス一眼を購入?

ソニーストアで買うのなら地元でSONY製品を扱っている「ソニーショップ」で買ったほうが後々のサポートとか相談に乗ってもらえるのでは?と考え、ソニーストアから地元の「ソニーショップ」を検索。
…。
orz。地元の「市」にはなかった…。
しかし2つ離れた「市」にあるのを発見。Webサイトもあるみたいなので見てみる。
そんなに大きいお店ではないがそれなりにソニー製品を展示しているらしい。ミラーレス一眼コーナーもちゃんとあるみたいだし、レンズ交換コーナーもあり購入前に確かめることも出来るみたいでした。何より気になったのは初心者に対して一眼カメラセミナーなどを開いているということでした。地元地域に根ざしたショップなんだなと感じる。どうせ同じお金を払うならこういった地域のお店から購入してあげたほうが良いのかなと思います。地方住まいなので尚更。

その後もカメラとレンズの購入意志はあるものの、他の物が揃っていなかったのでいまだに買わずに日々を過ごしていました。
そして11月になり例のソニーショップのWebサイトを覗いてみると…。
4Kセール開催!という広告がTOPページに貼られていました。
な、なんやて〜!!
その4Kセールの目玉は4Kテレビでしたが、端っこの方の画像に「α7S」の画像が!!確かに「α7S」も4Kに縁がある!
ちょっと興奮してしまいました。セールと謳っているのですから定価よりは多少安くなるはず。これは行くっきゃないでしょう!
とうことでセール開催日まで2週間待つことに。

 

ソニーショップならではの特別価格

セール日当日。雨。おいおい〜、こんな雨の日にカメラ買っちゃったら濡れちゃってまずいんじゃないの〜?とか思いながら2つ隣の市のソニーショップへ。(行く前に上記で試算した金額とSONY IDをスマホにメモっておきました。)
お店近くの駐車場に停め、店内へ。

う〜ん、お客さんは私一人だけですネ〜。地方のソニーショップのセールなんてこんな感じなのかな?それとも雨だから客足が遠のいているのか?でも言い換えればガッツリとお話できるということです。
ミラーレス一眼コーナーを見つけ、α7Sの前に来てウロウロ。初めて実物を見ました。すると早速ショップの方が話しかけてくる。
「よかったらお手にとってみてください。」
フッ。かかった。
私「ありがとうございます。いや〜、今ちょっとソニーのミラーレス一眼の購入を考えてまして〜」
スタッフ「そうなんですか〜」
私「ただ、ドコで買おうか色々調べてまして、たまたまコチラのWebサイトで4Kセールをやっているというのを見たもんですから。どれぐらいなのかな〜と思いまして。」(チラッ)
スタッフ「そうですか。ありがとうございます。ウチでしたらソニーストアの値段から更に5%引けます。SONY IDをお持ちでしたら15%引きですね。」キリッ!!
私「(!!)そうなんですか!すごいですね〜。SONY IDは取得してあります!」(まじか!いくらになるんだ!?)
という会話をした後、冷静を装いながらα7S本体を触らせて頂きました。
手にとって構えてみる。いいじゃないですか〜。なんというか「一眼で写真を撮っているオレカッコイイ」みたいな気分になってしまいますね。…いけません。現実を見ましょう。
一緒に買おうと思っていたレンズを伝えると実際にそのレンズに交換してくれました。
レンズの初見は「デカッ!」でしたが、いざ取り付けられたカメラを持ってみるとそれほど違和感はなかったです。

ここで、よりカメラに詳しそうなスタッフさんも参加してきました。
そこでの会話の中から得た情報として、
ミラーレス一眼のような小さなカメラのバッテリーだとそんなに持たない。ましてや買おうとしているレンズはレンズ内部に手ブレ補正機能が付いているので、それを動かすためにもバッテリーが消費される。なのでバッテリー1本で約90分ぐらいしか持たない。α7Sは2本付いてくるので180分だということ。利用時間によってはバッテリー追加も視野に入れたほうがよい。
という情報が得られました。う〜ん3時間か〜。私のメインの使用目的はピアノ教室の発表会を撮影するというもの。全員分の演奏を撮影するのだが、演奏だけなら余裕でしょう。だが演奏前のワイワイしているところや、演奏後の集合写真やら先生との記念撮影やらの写真までと考えると時間的に厳しいか…。まぁ、そこら辺は後々考えよう。

色々と会話した後にスタッフさんが「お見積りを出しましょうか?」と言ってくれたのでお願いすることに。
ソニーショップといっても直接その場で買うわけではなく(買えるものもあると思いますが…)ソニーストア経由で購入するらしく、ショップ専門(?)のURLから見積もりを出してくれました。
出てきた金額はあくまでソニーストアでの金額で、ここからSONY IDの10%OFFを適用し、さらにソニーショップ独自のクーポン5%OFFを適用させる。(※後ほどMy Sony IDでマイページに入ってみたらクーポンは消費されてませんでした。もしかしたらソニーショップ店頭から購入するのならクーポンは使わずにそもそも10%引きは出来るのでかも…)
もしソニーカード(ソニーのクレジットカード)を持っていたら更に3%OFFだったとのこと。私はこれ以上クレジットカードを持つことにためらいを持っていたため作ることはしていませんでした。もしクレジットカードをたくさん作ることに抵抗がなければ、お値段が高いカメラやレンズを購入する場合は年会費を差し引いてもお得なはずです。

何はともあれ、今回出して頂いた見積もりがコチラ。
α7S_ソニーショップでの見積もり
や、安い!?かな?たぶん…。
店員さんいわく、ソニーの方からこういった特別割引のクーポンが送られてくるらしく、今回のは11月末まで有効なのだとか。(つまりドコのソニーショップさんでも5%OFFなど定期的にやっているということになるのでしょうか)
11月末までと言われてももうコチラは買う気まんまんです。最後の確認のために、某カメラショップとの値段と比べたくなりました。しかし店員さんとのやりとりで某カメラショップのお値段がすっかり頭から消えていました。なので「ちょっと電話してきます」と言いその場を離れ、店の外へ。そそくさとスマホで確認。うん、比較してもソニーショップさんの方が安い。
店内に戻り、スタッフさんに告げる。
「買います。」
流石に店員さんたちも驚いてました。「決断が早いですねー!」と。
店員さん達からみたら、雨のなか颯爽と現れてササッと30万円弱のカメラとレンズを購入するタダモノではない男に見えたに違いない!
いや、購入に至るまでにみっちりじっくりと2ヶ月ほど掛けてますからね…。

すぐさま購入ということでその開いたままのお見積り画面から購入手続きを進めていく。
私自身がSONY ID(登録したメアドとパスワード)を入力。その後店員さんに代わり進行。お店独自のクーポンを入力していました。多分これでどこのお店で買ったのかとかがソニー側にわかるのでしょう。
お支払い画面になり店員さんから「お支払いは…クレジットカードですかね?」と言われる。
確かにクレジットカード払いで支払いをする気でいたのですが、まさか店頭でカード番号とかを入力するとは思いませんでした。
一瞬「まじか!?」と思いましたが、まさか悪用したり、天下のソニーさんのお店でセキュリティーが甘いとかないだろうと思い、クレジットカード払いのためにカード情報を入力していきました。(店頭で買う前に自宅でカード情報をマイソニーにログインして入力しておけば良かったかもしれません。)

そしてついに購入。
2日後には届くでしょうとのことでした。
購入番号をプリントアウトしてもらったものや見積もりを頂くと同時にSONYロゴのクリーニングクロスを頂きました。ご成約プレゼントでしょうか。
α7S_ソニーショップよりクリーニングクロス

そして最後に、店員さんから「セミナーも定期的に開いていますし、ご要望があれば使い方講座などもご希望の日に出来ますので仰ってください。」との力強いお言葉をいただく。
ありがたい。
雨の中、お家に帰りました。

 

ソニーストアからミラーレス一眼とレンズが到着

α7S_外箱
予定通り2日後に届きました。
早速開封。お高いモノなのでスゲー丁寧に扱いながら箱から出す。
カメラより先に購入していた液晶保護フィルムを貼る。
レンズを本体に取り付けるため、キャップを外そうとするもホコリが入らないようにするために四苦八苦。何とかレンズを取り付ける。
次にレンズの先端に保護フィルターを装着させようとするもここでも四苦八苦。あれ、このフィルターってどちらがオモテウラ?なんとか装着。
レンズフードを取り付けて、ひとまず安心。
α7S

これにて、長い間あれこれやってきたミラーレス一眼関連購入記が終わりを迎えました。本番のピアノ発表会までに操作がスムーズになるように練習します。
後ほどミラーレス一眼を買うにあたって、その他に色々買って揃えていったものリストなどの記事も書けたらなと思います。

追記
購入してから数日後。ソニーストアでソニー冬のカメラキャッシュバックキャンペーンが開催されました…。α7Sは20,000円キャッシュバック。
orz なんてこったい!
まぁ、人生なんてこんなもんですね。来年の目標は「調子に乗らない」にしようと思います。

ad

ad

-趣味, 雑記
-

Copyright© ラフのラフ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.