ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

顔に出来た乳幼児湿疹

育児

顔に乳幼児湿疹、頭に脂漏性湿疹が出てきた!うちの子で効果があった解決法

投稿日:

赤ちゃんが産まれ間も無くして発生した乳幼児湿疹と脂漏性湿疹で少し困りました。生まれてすぐでしたので、夫婦2人してどうしたものかと焦りました。解決への糸口は「何もしない」と「ワセリン」でした。我が家での体験談を掲載いたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

顔にできた乳幼児湿疹

出産した病院で一週間入院。退院してきてから2週間。つまりは生後3週間。季節は真夏。
赤ちゃんの顔に赤いポツポツみたいなものが出てきたなと感じました。沐浴させて体と顔の皮膚を比較してみると明らかに違いがわかりました。これは噂に聞く乳幼児湿疹ですな。
育児書などには「保湿をしてあげましょう!」と書かれているので、出産前に購入しておいたベビーオイルで顔から腕、体、脚と全体に塗り込みました。
しかし数日間続けてみるも効果なし。というより前よりひどくなっている…。
う〜ん、保湿しろと書かれているけど塗らないほうがいいんじゃなかろうか…と困り果ててしまいました。
そんな時に別の案件で小児科にかかった時、先生に発症している乳幼児湿疹について訪ねました。
先生からは「何も使わないのが1番」というお話を聞き、ベビーオイルの使用をやめてみることにしてみました。
しばらくやめていると確かに増えていて乳幼児湿疹は少しおさまってきました。しかしまだまだ目立つ…。
そこでふとあることに気づきました。沐浴させている時に使っている「沐浴剤」もよくない(あわない)のでは…?と。石鹸を使用せずにお湯だけで済ませられるということで使用していた沐浴剤。
これもやめてみることにしました。そして代わりに私自身が治療で通っている皮ふ科から勧められた「しゃぼん玉せっけん」を使用して洗うことにしました。


するとどうでしょう。数日後には赤みが引いてきました。
やっぱり沐浴剤も肌に合っていなかったみたいですね。

頭にできた脂漏性湿疹

頭にできた脂漏性湿疹
生後2ヶ月を過ぎた頃。順調に成長して大分丸々しくなってきました。
大きくなってきたのはよいのですが、頭皮にも変化が起きてきました。なんか白いひび割れみたいなものが見える。そして同じようなものが眉毛の部分にも出来ている…。乳幼児湿疹と違って"大変"そうに見えないのでしばらく放っておきました。
そんな中、予防接種を受けるために小児科医院を受診しました。摂取前の問診で子どもの頭を見た先生は「脂漏性湿疹」だと言われました。
脂漏性湿疹は頭皮の皮脂が固まって出来てしまうもので、普通に洗っただけでは落ちない(治らない)とのことでした。
ということで先生から"おクスリ"が処方されることになりました。そのおクスリとは"ワセリン"でした。ワセリンを頭に塗って脂漏性湿疹をキレイにするようです。なぜワセリンかというと、脂は脂でしか溶かすことが出来ないので脂(ワセリン)で脂(皮脂)を溶かすのだとか。理屈はわかった!
お風呂上がりに早速アタマに塗り塗り。うへぇ整髪料みたいだw髪が少ないから小さいオッチャンみたいです。
次の日。入浴時間となり、お風呂場に連れてきました。
…。このワセリン、どうしたものか??
"脂"と聞いていたのでそのまま洗うと脂まみれになりそうだったので、ガーゼで拭き取ってから洗ったほうがよいかなと思ったのが失敗でした。なかなか拭い取れず、力を入れて頭皮をこすると…。ひーっ!!か、髪の毛が(汗)
強くこすったところの髪の毛が一緒に抜けてしまいました…。すまぬ、わが子よ!恨むのなら父を恨め!
※しばらく薄いままでしたが7ヶ月過ぎた頃に生えてきました。あぶねー。
その後しゃぼん玉せっけんでアタマを洗うも全ての脂漏性湿疹は取り除けず。お風呂上がりに再度ワセリンを塗布。
次の日はガーゼで拭き取らずにそのまま洗髪。お、大分キレイになってきました。その日もワセリンを塗り、次の日に洗うとキレイな見た目に戻りました。

※同様に眉毛部分にも同じ処置をしてきれいになりました。

その後の湿疹事情

乳幼児湿疹の方はその後ひどく発症することはありません。とりあえず今でもしゃぼん玉せっけんを使用しております。
脂漏性湿疹の方はその後も定期的に発生してしまっています。しかしその都度ワセリンを塗布し、洗髪。と2〜3日繰り返せばきれいになるので、強くこすらないよう気をつけながら過ごしております。
大人でも石けんやボディーソープ、シャンプー、化粧水、はては洗濯洗剤などが肌に合う・合わないが存在するかと思います。それと同じく赤ちゃんにだって使用するものが肌に合う・合わないが存在するということです。
今回わたしが紹介したものが確実なる解決策というわけではありませんが、参考になればと思い記事にしてみました。試行錯誤中の方のお役に立てれば幸いです。

でも、本当に困っているならさっさと病院に行って受診し、相談することを勧めます。
というのも、わたしの妻の妹さんにも同時期に生まれた子どもがいるのですが、その子も乳幼児湿疹が発生してしまいました。その際に相談を受けたので同様の処置を試してみてもらったところ、その時は無事に治まったようです。
しかしその後に再度発生。困り果てて病院を受診したところ胃に「乳酸菌」を投入したとのこと。すると翌日にはサッと湿疹が引いたそうです。
このように、こどもによって解決方法は様々なので全然治らない方は早めの受診を!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-育児
-,

Copyright© ラフのラフ? , 2018 All Rights Reserved.