【メンズスキンケア】乳液の使い方【まとめ】

メンズスキンケア

【メンズスキンケア】乳液の使い方【まとめ】

更新日:

メンズスキンケアを考えている人の「乳液の使い方を知りたい。乳液を使う順番やタイミングはいつなんだろう?乳液を使わないと…何か問題があるの?」
といった疑問にお答えします。

✓本記事の内容

  • 1.メンズスキンケアでの「乳液の使い方」まとめ
  • 2.メンズスキンケアに本気で取り組むなら乳液は必要

この記事を書いている私は2012年から奥さんのコスメを拝借し、
見様見真似でメンズスキンケアを始めました。
しかし鏡の中に映る自分にシミの増加や肌の衰えなど加齢(おっさんになったなぁ…)を感じ、
少しでも現状を保つために本格的にメンズスキンケアをすることを決意。
コスメで著名な方の書籍や動画などで勉強し、得た知識をもとに実践。
コレはやってよかったなと実感したことを踏まえて解説していきます。

1.メンズスキンケアでの「乳液の使い方」まとめ

メンズスキンケアにおいて乳液をつける目的は

  • ・肌に油分を与えて保湿効果
  • ・油分によりフタをして、化粧水や美容液などの水分が蒸発するのを抑制
  • ・肌を柔軟に保つ

となります。
これら3つの効果により肌のバリア機能がアップし、肌を健康で正常な状態に保ちます。

ちゃんとした効果を得るためにも、乳液を使うタイミングやつけ方は重要です。

乳液を使う順番やタイミングを解説します

基本のメンズスキンケアの順番は以下のとおりです。

  • 1.洗顔をする
  • 2.化粧水をつける
  • 3.美容液をつける(必要と感じた場合)
  • 4.乳液をつける
  • ※外出時は日焼け止めを塗る

きちんと洗顔をして、化粧水で水分補給、必要に応じて美容液をつけた後に乳液の油分でフタをするという流れです。

乳液のつけ方

化粧水や美容液をつけ終えて、肌に浸透したらすぐに乳液をつけます。

乳液を手のひらに適量を取ります。
適量とは一般的に10円玉大といわれています。

注意ポイント

※乳液の使用量について
女性のコスメ関連書籍などには乳液はたっぷりと使いましょう。などと書かれています。
効果を実感するためには間違いではないのでしょうが、ことメンズスキンケアでは話が違ってきます。
女性に比べて男性はオイリー肌や混合肌が多く、Tゾーンなどのベタつきがすごいです。
そこに油分を含んだ乳液をたっぷり使うとテカリやさらなるベタつきが気になってしまいます。
といわけで、男性が使う場合は自分で何度も試しながら最適な量を見つけていくことになります。

 

手のひら全体に乳液を広げ、化粧水のときと同じく乾燥しやすい部分であるUゾーン(頬から顎にかけて)から塗っていきます。
顔の内側から外へ肌を押さえるようになじませながら塗ります。頬→耳の手前。口→顎。といった感じでしょうか。ゴシゴシ厳禁です。

次にTゾーン(おでこから鼻まわり)ですが、オイリー肌や混合肌の方で皮脂の分泌が多い方は塗布する乳液の量を少なめに調節しましょう。
Uゾーンを塗り終えて手についてる乳液を指の腹でタッチして塗っていきます。
ここらへんは何回か試しながら感覚を掴むしかないです…。
そして皮脂量は常に変化します。

  • ・季節によって
  • ・加齢によって
  • ・メンズスキンケアを実践して改善されることによって

などなど、その都度状況や状態をを見ながら調節してください。

乾燥肌の方は乾燥が気になる箇所に再度乳液を少量手に取り、重ねづけしましょう。
最後に、化粧水の記事でも実践した首周りへの塗布もせっかくなのでしておきましょう。
以上で乳液の基本的なつけ方は終了です。

 

メモ

※乳液とクリームの違い
乳液と同じ目的の基礎化粧品で「クリーム」もあります。
スキンケアに関して調べているとよく乳液とクリームが同じ項目で解説されています。
ではこの乳液とクリームの違いはなんなのか。
その違いは中身の水分と油分の配合されている分量やバランスです。
みずみずしくサラリ(油分を含んでいるのでさっぱり・スッキリとまではいきませんが)とした付け心地が好きな人は乳液。
乾燥肌だったり、年齢を重ねて皮脂の分泌量が下がってきた人は保湿効果がより高いクリームをつけるのがよいでしょう。

なお、メンズスキンケアだと乳液の方がお目にかかる機会が多いです。
男性は乳液の使用感が苦手だと言われています。
その乳液以上にこってりした質感のクリームはあまり人気がないのかもしれません。

 

2.メンズスキンケアに本気で取り組むなら乳液は必要

メンズスキンケアに興味を持ち、いろいろな製品を見ていると大体「洗顔料、化粧水、乳液」あたりはどのブランドでも売られています。
いうなれば、メンズスキンケアをするならこの3つはもはや当たり前なアイテムなわけです。

私の場合ですが、奥さんの基礎化粧品を使用してスキンケアを始めてみると、どうにもこうにも乳液がなんか苦手でした。
つけた後にベタベタするし、なんか顔がテカるし(油分が入っているので今思えば当たり前ですが)。
いつしか洗顔と化粧水だけをする日々になっていました。

前述しましたが、洗顔と化粧水だけをしていても意味がありません。
むしろ化粧水による蒸発でより肌が乾燥し、それに合わせて皮脂が多く出ていたはずです。

スキンケアの方法や、なぜ乳液をすべきなのか…ということを理解して実践したところ、
洗顔&化粧水だけの頃に比べて皮脂の量が落ち着いて、テカリが少なくなった気がします。
乳液も慣れれば、その質感も気にならなくなります。

まずは我慢して乳液を使って、しっかりと保湿しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-メンズスキンケア
-, , ,

Copyright© ラフのラフ? , 2020 All Rights Reserved.