ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

仕事

透明ブレンドスペースは〜とイラレでPDFへの保存時にアラートが出る理由

更新日:

イラレの透明ブレンドスペースのアラート
イラストレーターで作った制作物のカンプをpdfに変換するときに選択するプリセットや設定次第で上記のようなアラートが出る時があります。自分の仕事の案件だとそれほど気にしたことがなかったのですが、会社のエライ人から「どうしてこうなるの?教えろや?」と聞かれてしまったので色々調べました。

スポンサーリンク

ad


 

どういった時にイラレの「透明ブレンドスペース」アラートが出るのか

今回のアラートは透明部分があるオブジェクトをPDFに変換する際にプリセットの「プレス品質」で保存する時に起きたことです。
同じ状況の物をすごく簡単に作ってみました。
イラレでの透明部分データ作成
しかしこれをこのままPDFで保存(プリセットはプレス品質)すると普通に保存できる…。
そもそもなんでこのアラートが出るのかを色々データをいじりたおして考察しました。

で、わかりました。
『ドキュメントの透明ブレンドスペースは、出力パネルに表示される出力先カラースペースと一致しません。PDFのカラーアピアランスが変わらないようにするには、「キャンセル」をクリックしてドキュメントのカラースペースと一致する出力先カラースペースを選択してください。カラースペースを変更しない場合は「OK」をクリックし、現在の設定で続行してください。』
と書いてある通りにイラレのドキュメント内に存在する透明部分があるオブジェクトや配置してあるイメージ画像のカラースペース(RGBとかCMYK)がPDFを吐き出す際のカラースペースと違うため出る!と思うじゃないですか。
オブジェクト自体の透明度の話しではなかったんですよ。事実、今回作成したオブジェクトはちゃんとCMYKで作成してあり、プレス品質の出力先もCMYKなのです。
プレス品質出力先
じゃあ何が原因なのか?

もっと単純なものだったんです。
イラレの保存時に「ICCプロファイルを埋め込む」のチェックを外して保存。そのデータを閉じる。
ICCプロファイルを埋め込むのチェックを外している
次にそのデータを開いた時に「プロファイルが埋め込まれておりません。処理方法をしてください」と出た時に「そのままにする(カラーマネジメントなし)」にしていたからなんです。
プロファイルをそのままにする
その状態でPDF保存(プリセットはプレス品質)すると…
イラレの透明ブレンドスペースのアラート
アラートが出る!

 

イラレの「透明ブレンドスペース」アラートを出現させないようにするためには

つまりイメージ的にいうとプロファイル設定がされていない「CMYKでもRGBでもない0(ゼロ)、無」状態からプレス品質で保存(出力先CMYK)するとカラーが一致してません(CMYKでもRGBでもない←→CMYK)と出てたわけなのです。
なのでデータを開いた時にCMYKプロファイルを埋め込んで、プレス品質(出力先はCMYK)で保存してあげるとアラートは出ずに普通に保存できます。う〜ん単純な事と言えば単純な事ですね。

注意すべきは、RGBのイメージ画像なんかがドキュメント上に入っていても、CMYKのプロファイルが埋め込まれていて、出力先もCMYKなら今回のアラートがでません…。
本番の入校時に「X-4」形式などで入稿する時は出力先のカラーが「カラー変換しない」になるはずなので、ドキュメント上にCMYKだろうがRGBだろうが何があろうが保存できちゃいます。

 

今回の件についての調査報告

エライ人(上司)のデータも結局「ICCプロファイル」が埋め込まれていなかっただけでした。
しかしプロファイルはどうのこうのという説明を一からしていくのは面倒くさくてたまらなかったので、簡単に「変わっちゃっても気にしなくて大丈夫みたいですよ〜。気になるようでしたら、たいしてデータ容量変わらないんでこっち(X-4)の方で作ってください〜。これで問題ないはずです〜。」とかいって終わらせました。
さすがに印刷物をRGBで作るといったことまではしていないだろうし…。めでたしめでたし。

ad

ad

-仕事
-,

Copyright© ラフのラフ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.