ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

生活 雑記

猫が胃液だけ吐くので対処法を聞いた

更新日:

猫が胃液だけを吐く
猫にとって毛の生え変わり期間が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか。我が家の猫はこの期間中よく毛玉を吐くようになってしまいます。長毛種なので尚更かもしれません。この期間中は毎日のブラッシングとお薬を舐めさせて対処しています。そんなある日、事件は起きました。

スポンサーリンク

ad


 

猫が胃液だけ吐く

我家の猫は薬をあげていても毛玉を吐くときは吐いていました。
朝方に猫の毛玉を吐く(吐こうとする)音が聞こえて目覚めるという嬉しくないことが3日に1回ぐらいあります。私の奥さんにはその音が聞こえないらしいです。なのでそのまま寝ております。
気付いてしまった者が吐いた毛玉の処理をするのです。大変だぁ…。
まぁ、それはさておき。ブラッシングをしても取れる毛が少なくなり始め、毛玉対策のくすりもなくなりそうなある日の朝。
いつものように猫が毛玉を吐こうとする音が聞こえてきました。
「ヴぅーッップ、ヴぅーッップ……」
あぁ。吐こうとしてるなぁ…。
「ヴぅーッップ、ヴぅーッップ……ウォエェェ〜〜」
あ、吐いた…。あいつ2回吐くんだよなぁ。今行くと2回めを止めちゃうから、もう少し待つか…。

しばらくして、猫が2回めを吐いた音を確認してから起床。
猫が吐いたであろう場所を寝起きでふらふらしながら確認しに行く。
するといつもはかりんとうのようなカタチで吐き出されているはずの毛玉が存在しない。
あれ?あいつ、上手く吐けなかったのかな?と考えながら吐き出された胃液だけを掃除して片付けました。もう一箇所も同じく胃液だけでした。
この時はあまり深く考えていなかったのですが、同じようなことがこの後2回ほどありました。
猫を飼いだしてから3年半位経ちますが、胃液だけを吐くことが続いたのは初めてでした。
これは何か新たな病気か何かかなと考え、獣医さんに相談することにしました。

 

獣医さんに聞いた「胃液だけを吐く」ことへの対処法

猫が胃液を吐くことを掛かり付けの獣医さんに電話で相談。
連れて行ったほうが良いか?と尋ねると「連れてこなくて良い!」という。つまりはそれほど重大なことではないらしいと推測。
先生曰く、胃酸が多くでているのではないか?とのこと。
我家の猫のゴハンは朝夕の2回です。夕方のゴハンから朝のゴハンまでの間が長くて胃酸が溜まってしまい、寝ている間に逆流してしまうのではないかと。
つまりは胃酸の逆流ってことですか。私も奥さんも胃酸が逆流しやすい体質です。これで猫までもだなんて…。
なんて似たもの一家。

それで胃液を吐いてしまうことへの対処法を尋ねると、とてもシンプルな方法を教えてもらいました。
「朝夕2回のゴハンを半分の量にして1日4回にしてあげて下さい。」ということでした。
つまりは、朝・昼・夕・寝る前にゴハンをあげるってことですね。
たったそれだけでいいのかと拍子抜けしました。

早速その日の夕方から4回に分けてのゴハンにしました。今までの半分の量なのですぐにペロリです。
夜の寝る前にゴハンの用意を始めるとすぐに猫が駆け寄ってきました。え、まじで、こんな時間にくれんの!?的な。

それから1週間。
ひとまず胃液だけを吐くということはなくなりました。
ただ、毛玉もあまり吐かなくなっているので、単純に毛玉を吐く期間が終わっただけのような気もしますが…。
冬毛に切り替わる時期も「1日4回ゴハン」を続けてみて様子を見たいと思います。

ad

ad

-生活, 雑記
-

Copyright© ラフのラフ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.