ラフに 日常生活で起こったことを記しています。

ラフのラフ?

グランドピアノの運送費用

生活

グランドピアノを業者さんに運送してもらった【費用は約5万円】

投稿日:

グランドピアノをピアノ専門運送業者さんに運んでもらいました。約20km離れたところから運んでもらい、搬出、搬入、設置含めて費用は49,680円でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グランドピアノを譲ってもらえることに

私の奥さんは自宅でピアノ講師をしております。
かねてから「2台のグランドピアノを使用してレッスンをしたい」と言っていました。というわけでもう1台を買うべくコツコツと貯金しておりました。10年後ぐらいに買えればいいなぁと。

それから数年。
妻が出産するにあたり、ピアノ講師仲間の方に産休・育休中の代講をお願いしました。
代講期間中、代講の先生に"教室に2台グランドピアノを置きたい"という将来の展望を世間話程度に話したそうです。すると代講の先生から「うちに1台余っているから見に来ませんか?」との提案がありました。新しいピアノを買って以来もう使っていないとのこと。そこそこ年代物のグランドピアノらしいのですが、それでも余っているというのはすごい…。

その後育児で忙しく連絡を取っていなかったみたいなのですが、つい先日「いつ見に来ますか?」メールがきたようです。
こどもも保育園に行くようになったので昼間に見に行ったそうです。すると思いの外キレイで、試し弾きをしてみると音も悪くない。事前に知り合いの調律師さんに聞いておいたチェックポイントも問題なさそうでした。何より毎年ではないが調律はちゃんとしていて、前回したのが2年前とのことでちゃんと保管していたみたいです。

ピアノを見て帰ってきた奥さんは私に報告。
俄然、導入する気になっている妻。肝心の譲っていただけるお値段を聞いてみると…。「5万円」とのことでした。
うん…まぁ、悪くない?のかな?正直、中古グランドピアノの相場もわからなければ、品質に対しての価値もわかりません。ピアノ講師である妻が実際に弾きに行って、実用レベルのピアノだったのだから品質は問題ないでしょう。これがウン十万円であれば悩むとこですが5万円なら例え失敗だったとしても諦めがつきます。

ということでグランドピアノを譲っていただくことはOKを出しました。
しかしまだ問題は残っています。代講先生のお宅のグランドピアノを我が家まで運ばなくてはなりません。アップライトなら強引に軽トラで運ぶということも出来なくはなさそうですが、グランドピアノとなるともはや素人では手が出せません。さてどうしたものか。

運送業者はどこに頼むのか

結婚して引っ越した時にはすでに妻の実家からグランドピアノが運びこまれた後でした。
奥さんに今のグランドピアノはどうやって運んだのかを聞いてみる。すると「さぁ?」と言っておとぼけ顔。
ぐぬぬ、これだからお嬢様育ちはっ!!
奥さんが知らないということはご両親が手配したということでしょう。お義母さんに連絡を取って尋ねてみると「いつも調律してもらっている調律師さんに手配してもらい、知り合いの運送会社さんに運んでもらった」との回答。
知り合いの調律師さんの紹介だったのなら話は早い。

運送にかかる費用

早速奥さんに調律師さんへ連絡をしてもらい、グランドピアノを運びたい旨を伝えました。
すると調律師さんが運送会社さんに連絡を取ってくれるとのことで、搬送する際に必要そうな以下の情報を伝えました。
・運ぶのはグランドピアノ
・代講先生の家と我が家の距離は(最短距離で)約21.5km
・搬出元(代講先生のお宅:1Fの玄関ホール)
・搬入先(我が家:1Fの部屋)
また、教室内にもう1台ピアノを入れるとなると、今あるピアノを動かさなければなりません。その移動も運送会社さんに依頼できるのか?出来るのならその費用はいくらほど?というのも聞いてもらうことにしました。

数十分後、調律師さんが折返しで電話をくれました。
聞いてくれたグランドピアノの搬送費用ですが46,000円(税抜き)とのことでした。本当は細かく料金設定されているのでしょうがコチラが伝えた情報で提示された金額だとか。
また、室内のピアノの移動ですが、そちらは無料で対応してもらえるそうです。なお、搬送する日取りはいつでもOKだそうです。

とりあえずこれで金額が出揃いました。
譲ってもらえるグランドピアノの謝礼5万円。グランドピアノ搬送費用約5万円。搬送後のピアノの調律費用1.6万円(いつもやってもらっている料金)計11.6万円なり。今までコツコツ貯めていた貯金で十分足ります。というかこれからはもう貯めなくてよいと考えれば全然"アリ"なんではないでしょうか。
というわけで導入を進めることにしました。

運送日はいつでもOKとのことだったので、代講先生に都合の良い日を聞き、予定日の候補を決めました。
その後、調律師さんに再度電話してグランドピアノの運送を依頼しました。
数時間後、運送会社さんから連絡があり候補日の中から指定。すんなりその日でOK。ただし搬送する時間帯は前日の夕方に連絡するとのことでした。
以上、とりあえず搬送の手配が済みました。後は当日を待つだけです。

また、この機会に「やりたいことがある」と私の奥さんが言ってきました。
なにかというと、いま我が家のグランドピアノの下に敷いてある絨毯を撤去したいのだとか。結婚した時に叔母さんからプレゼントされたものらしいのだが「大分汚れてきたし、猫が毛玉やら胃液やら吐いたから汚く、不衛生だから」というのが理由らしい。
頂いたものを捨てちゃっていいの?と疑問に思いましたが、私もグランドピアノを2台置くには絨毯の面積が足りないな…と感じてました。
というわけでピアノを動かすタイミングで絨毯を撤去したい旨を運送会社さんに伝えることにしました。
まぁ、ピアノを上に浮かした時にサッと取るだけだから簡単でしょう。前日に電話が掛かってきた時に話せばいいや。

グランドピアノを搬送してもらった

搬入日前日

18:00過ぎに運送会社さんから電話がかかってきました。
明日の予定は11:30に向こうの先生宅にお伺いするとのこと。ということは向こうで搬出作業をしてこっちに来るとしたら13:00前ってとこでしょうかね。
話しついでに妻が要望している「絨毯を撤去したい」旨を聞いてみました。
すると「いや〜、絨毯を外すのは案外時間がかかるんだよ〜。外している時間は待ってられないから事前にハサミとかで絨毯を切って外しやすくしておいてよ〜」と言われてしまいました。
な、なんか急に言葉遣いが粗野になったな…。
外すのにそんなに時間掛かるかぁ??と思いましたが、そう言われたらもう当日には撤去作業は出来ません。仕方がなく夕食後に絨毯を細かく切る作業をしました。
…というかハサミなんかじゃ切れない!
大きなカッターならなんとか刃が通ったので、50cm四方になるように絨毯を切り分けていきました。
ピアノの足の下部分を除いて全て撤去完了!
グランドピアノ運送前準備
結局1時間30分ほど掛かりました。これ絶対にピアノを浮かして、絨毯をサッとやったほうが速いって!

搬入日当日

11:30。
「そろそろ向こうの先生のお宅に着いた頃かな〜」と夫婦で話していたら、庭に面した道路の方からトラックらしき大きなエンジン音が聞こえてきました。
えっ!?なんで??うちに来た????
先生のお宅にいく前に挨拶に来たのか…。グランドピアノを取りに行く家を間違えたのか…。どちらにせよ11:30に我が家に来るとは聞いてません。
トラックが駐車場に停まり、業者の方2名(50代と40代ぐらいの方)が出てきて「〇〇運送です。ピアノ運んできました〜」と言いました。
あちゃ〜、そういうことか〜。どこでどうなったかわかりませんが、11:30分に我が家にピアノが到着する予定だったようです。でも確実に電話では11:30に向こうの先生宅に到着って言ってましたけどね!
※後で向こうの先生に確認したら10:00頃に来たようです。すいませんでした!

文句を言いたくとも来てしまったものはしょうがない。早速ですが搬入作業を進めてもらうことにしました。
まずはグランドピアノを運び込む部屋とそこまでの導線をどうするかの確認。今回は今あるグランドピアノを動かすので、そのグランドピアノをどこに持っていくかを決めることになりました。
私の奥さんに確認を取りつつ、配置場所が決定。そうすると2人がおもむろにグランドピアノを押し出し始め、下に敷いてある絨毯ごと移動させました!
えーーっ!そうやって動かすんだ!!
私はてっきりピアノの下に移動台を持ってきて、ピアノを持ち上げて運ぶのが一般的だと思っていました。
勝手な思い込みはいけませんね。確かに持ち上げない移動なら絨毯を外すのは大変ですわ!!
※この段階で「大丈夫かな?この業者?」と正直思いました。

元からあったグランドピアノの場所が決定したので次は持ってきたグランドピアノの設置です。
玄関からよりも引き違い窓からの方がよいと判断となりました。トラックを窓付近まで近づけ、搬入が始まりました。トラックを見てみると「ピアノ運送専門」の文字がありました。う〜ん、一応プロの方々なんでしょうねぇ。
搬入作業に入るとまずは養生。
グランドピアノの運搬設置作業その1
そしてグランドピアノ本体、脚、ペダルと次々にトラックから部屋まで運びこんできました。
グランドピアノの運搬設置作業その2
そしてテキパキと脚を取り付け、ピアノの位置決め。ここでも私の奥さんに確認してもらいながらピアノ同士の間の空間や椅子の後ろの空間などを配慮して配置してもらいました。
配置が決定するとグランドピアノを覆っていた梱包を解いたり、ペダルを取り付けたりしていました。
そしてわずか20分弱でグランドピアノの搬入・設置完了です。おぉ、手際の良さはプロですね!
撤収準備を始めだしたので、慌てて元のグランドピアノの脚の下にある絨毯の切れ端を外すのを手伝ってもらいました。
全て完了し、今回のグランドピアノの搬送の代金のお支払い。事前に聞いていたとおり、46,000円+消費税で合計49,680円でした。
グランドピアノの運搬費用の領収書

まとめ

ちょっと想定外なことがありましたが、とりあえず無事にグランドピアノの搬入が出来ました。
グランドピアノが2台並んだ様は壮観です。1台は中古の5万円ですがw
今回のグランドピアノの搬送をしてくれた業者さんは日頃からお世話になっている調律師からの紹介でした。ですので「断ると悪いかなぁ…」と思い、お願いすることにしました。
本来なら何社かに見積もりをとり、比較し、値段やサービスを調査してから依頼すべきです。お値段が高いのだから尚更です。我が家のグランドピアノの搬送料金を参考の1つにして頂き、皆様はより納得の業者さんで搬送してもらってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© ラフのラフ? , 2018 All Rights Reserved.